最新の更新情報

 

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体

構造的に正しい姿勢|中心軸整体

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
武術的身体開発指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方」個別指導はこちらへ

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院


骨格細分化調整とは 「マス目の歪み」とは

    

皆さん 「歪み」と言って思い浮かぶのは……?       

    O脚         肩・骨盤の高さ、足の長さの違い

              

猫背              背骨の曲がり

            

こんな感じでしょうか?

しかし「マス目の歪み」という見方もあります。

私達の肉体には、骨や筋肉、皮膚のように、肉体を構成する要素の一つに「マス目」という存在があります。

そしてこの「マス目」は「マス目の置かれた状態」により筋骨格に様々な影響を与え「身体の歪み」という形で、個々の違いを生じさせます。現代科学ではまだ認められてはいませんが、知ってる人が少ないだけで、実在するものです。

そしてこの「マス目」の存在は、重力下でヒトが成長し、立ち歩く事にとても大きな影響を与える存在です。

外見上は整っていても
身体の内側(マス目)が歪んでいる状態

 
マス目が歪んでいる

外見上は歪んでいても
身体の内側(マス目)に歪みがない状態


マス目が整っている

マス目の歪みとは

 
見た目、外見ではわかりません。

 
触るとわかるものです。

しかし、レントゲンや病院の検査ではわかりません。

全身に網の目状に張り巡らされているので、一箇所にズレが生じると、水面の波紋の様に全身が影響を受けます。



マス目の歪みによる偏りは、 組織の偏り(密度の濃淡)を生じ、骨格にも影響を与えます。

骨格細分化調整は、
この「マス目の歪み」を調整し、全身ネットワークの偏りを整える調整法です。

例えば、膝のマス目がズレて、全身が外見上歪んでいた場合  




膝のマス目を整えると
  


 
全身が整いました。

*これはイメージで、実際の変化には個人差があります。

◎頭部のマス目の歪みが原因で、てんかん、斜視になっている場合

      

◎股関節のマス目の歪みが原因で、首痛、背痛になっている場合

          

◎膝のマス目の歪みが原因で、肩こり、腰痛になっている場合

        

いろいろな不快症状に「マス目の歪み」が影響している場合も


マス目が整うと中心軸ができ、立ちやすく快適になります。
構造的に正しい姿勢を、維持しやすくなります。


◎マス目が重力線と一致する

           
 マス目が重力線と不一致      マス目が重力線と一致

             

(注)骨格細分化調整は、背骨の曲がりを真っ直ぐにするために行う骨格調整ではありません。

「マス目の歪み」を整える方法

「マス目の歪み」のみられた箇所に、200〜500グラム程度の非常に軽い負荷を一定時間(数分)かけます。これは必要最小限の重力刺激により、歪んだマス目一つ一つが本来の位置に戻るのを補助しているだけです。

痛みは一切ありません。一部分のマス目の歪みが移動すると、次に内在するマス目の歪みが表面化してきます。次々に表面化してくるマス目の歪みを探し、同様に調整を繰り返します。マッサージや関節を捻ったりする等の行為は一切行いません。

・骨格細分化調整法は、病気を治療するものではなく、医療行為でもありません。

・骨格細分化調整法は、国家資格ではなく民間資格です。

・骨格細分化調整法は、中心軸整体の独自の調整法です。