最新の更新情報

 

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体

構造的に正しい姿勢|中心軸整体

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
武術的身体開発指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方」個別指導はこちらへ

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院


スタッフ

深田 進

中心軸整体本部代表
発達と歪み研究所所長
八光流柔術免許皆伝師範

1958年生まれ 新潟県出身
日本大学文理学部卒業
卒業後、約6年間、米国・韓国で武術の修行に努める。その傍ら、武術講師としても活躍。帰国後、貿易会社に勤務。7年後に脱サラ、再び武術の道を心指す。国内の修行時代に、中心軸の重要性を痛感、同時期、身体調整の世界に目覚める。以後、様々な調整法を試みながら、畑中氏と骨格細分化調整理論を構築し研究を重ね、現状に至る。

 

畑中 光

中心軸整体代表

1975年生まれ 東京都出身
東京都立大山高校中退
体調不良により高校を中退。健康体を目指し様々な療法を受け、勉強、実践する。
しかし、依然として改善されない体調不良から、根本的な身体立て直しの必要性を実感。様々な療法を元に、深田氏と骨格細分化調整理論を構築し研究を重ね、現状に至る。自身が回復してきた体験から、骨格だけでなく、養生法・日常生活での身体の使い方など、様々な角度から情報提供と指導を行う。