研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い
方」個別指導はこちらへ

 事例分析

(1)ハイハイが異常
 ①調整経過
 ②全身状態の変化と
  自発的運動

 ③首座りの誤解

 研究報告

(1)方向性のあるマス目の歪み

(2)頭部の歪みは首から下に分散され、全身で分担するようになる

(3)歪みの締め上げによる歪みの密集


(4)運動面から見た「マス目の歪み」と「身体的資質」の関係

(5)マス目の歪みと頭蓋骨変形

(6)マス目の歪みと姿勢との関係
反り返りが強い、首が座らない

(7)姿勢指導

(8)首座りの定義

(9)頭部変形の変化

(10)頭部のマス目の中心がずれた状態での成長・姿勢の崩れ

(11)頭部変形「マス目の歪みの量」と成長の関係

(12)1年間の調整で変化した頭部変形

(13)高齢になっても健康を保つ骨格細分化調整と運動

(14)前重心:外反母趾巻・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因1

(15)足首が曲がらない(=前重心と同じ状態を引き起こす):外反母趾巻・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因2

(16)足首の伸展緊張  (=前重心と同じ状態を引き起こす) 外反母趾・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因3

(17)歪みの収納と解放

(18)発達障害と運動機能について

(19)中心軸の定義、身体軸の定義

(20)「言葉の響く方向・音の響く方向」で「老人姿勢」に誘導されるー天に抜ける声・百会に響く声の秘密ー

(21)二軸一致度の定義

(22)前重心の定義

(23)正しい姿勢の定義

(24)歩行運動の定義・正しい歩行運動

(25)カカト重心・後ろ重心の定義

2017世界陸上 安藤友香選手 不調の原因 構造的理由1

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

中心軸赤ちゃん整体

子供姿勢調整・姿勢指導

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院

 項目別臨床実例

(1)歩けない→歩けるようになった

(2)立てない→立てるようになった

(3)立てない→立てる→歩けるようになった

(4)ずり這いできない→ずり這いできるようになった

 臨床実例

No.1ずり這いまで。寝返り不可。右向き癖

No.2寝返りのみ、ずり這いしない、どもり、アトピー

No.3右目調節性内斜視。転びやすい

No.4斜頸

No.5片手つかまり立ちまで出来るが、手を離して立てない。やや斜視気味。異常に怖がり、落ち着きがない

No.6自閉傾向、言葉が遅い

No.7右脚のしびれ

No.8伝い歩きまで。立ち上がれない。低緊張、発語アーアー位

No.9頭の形が明らかにおかしい、転びやすい、左向き癖、緊張しやすい

No.10頭の形いびつ、低緊張、発達全体の遅れ

No.11頭の形いびつ、低緊張、発達全体の遅れ

No.12小4からてんかん(ぼーっとする

No.13お座り出来ない、喃語まで、動作時反射的に高緊張がおきる

No.14立てない、歩けない。精神発達停滞。斜視

No.15トゥレット症候群(幼稚園年長から)、チック、運動神経が悪すぎる、対人関係(冗談が分からない、空気が読めない

No.16歩けない(つかまり立ちまで)

No.17右股間節痛(ベルテス病)だが、
左背痛から右腰、右股間節へと変化してきた


No.18言語の遅れ、転びやすい、走る時前のめり

No.19言語の遅れ、転びやすい、走自閉症(音の過敏・耳ふさぎ、言葉のコミュニケーション苦手)

No.20右の歯が生えてこない、5ヶ月位の子の食べる様なものしか食べない、頭の形がおかしい、突然ひっくり返る様に転ぶ、走る時顔を右に傾げている

No.21生まれた時からC字になってしまう状態のまま。向き癖(左)

No.22一人で歩けない、発達全体の遅れ、怖がり、不安が強い

No.23歩けない、右足踵着けない

No.24精神発達遅延、歩き方がおかしい(装具が必要)、スプーンが使えない

No.25多動、精神遅延、手先の震え、歩き方がぎこちない

No.26斜頭、チック

No.27伝い歩き状態。知的問題はないが、嘔吐、絶食繰り返し、自傷行為

No.28言葉がおかしい、落ち着きがない、姿勢が悪い、発達障害、療育

No.29言葉の遅れ、反張膝、かみ合わせが悪くいつも頭を右にかしげている

No.30尖足、言葉の遅れ

No.31お座りが安定しない、しゃがめない、尖足気味、発達全体が遅め、アトピー

No.32チックによる首振りで首痛、右目内斜視・弱視

No.33自力で起きれない、自力で座れない、方向転換も出来ない

No.34寝返りしか出来ない

No.35言語・運動共に遅れ、アレルギー

No.36多動、行動が遅い、すぐ疲れたと言い立っていられない

No.37歩けない、一人で立ち上がれない、言葉の遅れ

No.38広汎性発達障害、全身の強い凝り、運動が苦手

No.39顎の歪み、転びやすさ、疲れやすさ、滑舌悪い

No.40弱視、噛み合わせが悪い、落ち着きがない、猫背

No.41発達障害、アレルギー

No.42歩けない、発達全体の遅れ(巨人症の疑い)

No.43歩きが遅い気がする(4、5歩)、頭の形

No.44何を話しているのか解らない

No.45首が座らない(脳形成異常との診断)、手足高緊張、てんかん

No.46じっと立っていられない、いつもフラフラして壁等にもたれかかっている、長時間の座位の保持が難しく座って行う作業全般が困難

No.47外反扁平足、言葉が話せない

No.48自閉傾向、身体が曲がっている、じっとしていられない

No.49自閉症、側湾症、アレルギー

No50歩けない(伝い歩きまでは可能)、言葉が少ない

No51立てない、発達全体が遅い

No52歩行時、左腕をふらず、固まっている。明らかな頭部変形による発達上の諸問題が心配(側湾症など)

No53右手足の不随意運動(歩行困難、右手が使えなくなる位))

No54右脚の引きずり、表情を含め全ての動きが固くぎこちない、発達全体の遅れ

No55右向きの矯正と不随意運動、関節拘縮、多小脳回症

No56自閉、多動、斜視、外反扁平足、自傷行為、強度の便秘

No57発達全体に遅く、中程度知的障害。

No58寝返りで移動、ずり這いまで、お座りハイハイ出来ない。難聴。

No59一人で歩けない

No60眠りが浅い。右向き癖、横向きでしか寝ない。

No61ハイハイしない、物を掴めない、お座り出来ない、左のみ転がる、両目斜視

No62知的遅れ、側弯症、身体が異常に柔らかすぎる、言葉が出ない

No63身体が曲がっている、年々曲りが強くなっている

No64転びやすい、左脚(左膝)が内に入る

No65ハイハイ出来ない、お座り出来ない(座らせてみると支えられず前屈で上半身が床につく)、指先不器用、斜視

No66強度の反返り、低緊張、体幹の弱さ、不器用、発達全体に遅い(少し伝い歩きする位)

No67発達全般の遅れ(障害者1級1種)、多小脳回、立位20秒位

No68発達全般の遅れ、言葉が出ない、外斜視、頭左傾げ、ハイハイ左足引きずり、恐怖症、歯ぎしり、呼吸ゼーゼー、現在3・4歩なら歩ける位

No69頭痛、腰痛、噛み合わせ、顎しゃくれ、円形脱毛、喉の詰まり感、鼻炎、生理不順

No70動きがぎこちない、片足立ち出来ない、すぐに前に倒れてしまうような前傾姿勢、不器用、力が弱い、右目斜視

No71発達全般の遅れ、がに股、歩行ふらつき、両眼斜視、言葉遅れ

No72歩けない、言葉の遅れ、大泉門が閉じていない

No73頭の形がどんどん悪くなってきており、最近、腰痛を訴えるようになった。身体が傾きやすく、左足首をよく捻挫してしまう。

No74運動機能全般、言語発達(現在1歳児レベル)、手先の不器用、怖がり、側弯、頭の形、出っ尻、 斜視、知的障害

No.75ずり這いしない、お座り出来ない、グニャグニャしている

No.76 歩けない(伝い歩きは可)、発達全体の遅れ、発語がまだ

No.77吃音障害、アトピー、姿勢の悪さ

No.78言葉が増えない、指差しをほとんどしない、不機嫌

No.79言葉の遅れ、落ち着きのなさ、尖足気味

No.80異常に姿勢が悪く脚も曲がってきた、力が非常に弱く運動全般も苦手、落ち着きがない

No.81立てない、歩けない、手足の緊張、手をパーにして床につけない、床に足をつけたがらない、強度の反返り、お座り時上半身を維持出来ていない

No.82発達障害(言語、コミュニケーション、多動、目の動きや様子全体がおかしい)

No.83ダウン症、運動・知能共遅れ、一人で立ち上がれない、立っていられない、(片手介助で5m位は可)身体が右に傾く、食が細く身体も小さい(きざみ食、5歳児位)、低緊張、左耳難聴)

No.84多動、対人コミュニケーション、言葉の遅れ、耳ふさぎ、偏食

No.85姿勢の悪さ、疲れやすさ、記憶力の低さ、弱視(右

No.86頭蓋骨変形症、顎が小さい、転びやすい

No.87歩き方がおかしい(片足引きずる)、右腕を振らない(固めてるかのよう)、動きがぎこちない、動き全体がゆっくり、歩くのを嫌がる、頭を傾げている、不器用、怖がり、ぼんやり一点凝視と急な首振りが時々ある。

No.88運動面での困難さ(ジャンプ不可、階段片足ずつ交互不可)、歩行時のフラつき、つまずき、膝痛、姿勢保持が困難、尖足、疲れやすい、発達遅延

No.89歩けない

No.90自閉症、知的障害、言葉が出ない、よく転ぶ、ヨチヨチ歩き、運動全般に低い、不器用

No.91発達が遅い、立ちたがらない、つま先立ち、腕を伸ばしにくいように見える、ハイハイしない

No.92・伝い歩きが少し出来る位で、一人で歩けない ・物につかまってなら立ち上がれるが、 何もないと立ち上がれない ・手押し車の様なおもちゃでの移動も、 歩き方が明らかにおかしい

No.93ズリバイ、這い這い出来ない。体も小さく全体的に発育発達の遅れがあり、体重増加、頭位成長が停滞している状態。明らかな頭の変形。おもちゃ等への興味も低い。

No.94言葉の遅れ
運動機能の低さ(医療機関では低緊張と)、動き全体のぎこちなさ、明らかな頭部変形(生まれた時は丸かった)

No.95立って生活できない、言葉が遅い、眼球運動失行、低緊張、外反扁平足

N.96発達が遅い、一人で歩けない、低緊張、頭が大きい、低体重、アトピー性皮膚炎

No.97寝付くのに数時間かかる上、一時間位で目覚めてしまう。乳児湿疹もひどくなる一方。首の座りも甘く不安定、まだ普通に縦抱きが出来ない

 頭部形状による実例分類

斜頭
No1 No2 No3 No4 No5 No6 No8 No 9No12 No13 No19 No20 No21 No22 No24 No26 No27 No28 No29 No30 No32 No33 No34 No35 No36 No37 No38 No39 No40 No41 No42 No43 No44 No47 No49 No50 No52 No53 No54 No55 No56 No57 No58 No59 No60 No62 No64 No65 No67 No69 No70 No72 No73 No74 No76 No78 No79 No81 No82 No84 No85 No86 No87 No90 No91 No93 N095 No96

三角頭蓋
No7 No10 No13 No14 No15 No16 No22 No23 No25 No61 No64 No65 No66 No68 No74 No82 No83 No88 No89 No91 No93 No94

舟状頭
No15 No18 No25 No34 No70 No71 No79 No81 No83 No86 No87 No88 No90

クローバーリーフ頭蓋
No7 No68 No72 No76 No95

尖頭
No10 No13 No19 No30 No31 No38 No43 No49 No60 No66 No74 No75 No77 No83

小頭症
No45

短頭
No97

No.24 (2013年1月) 3歳 男

①相談内容・発達状態
精神発達遅延、歩き方がおかしい(装具が必要)、スプーンが使えない

②頭部変形分類: A3(斜頭) 

③身体奇形の有無・部位: 無し

④筋骨格状態: 股の間を大きく開けた立ち、歩き。外脛骨傾向。 

⑤調整部位: 頭部、体幹

⑥経過状況、回数
・初回後 「おいで」に反応し、言葉を理解し始めている様子がみられた。(今までは言葉に無反応だった)スプーンを使い始めた。
・3回後 保育園で「おやつだよ」と言われても今までは無反応だったのが、おもちゃを片付けて手洗いをするようになり保育士さんが驚く。
・10回後では、がに股ではあるが歩きが上達し、言葉も増加。

⑦その他
・切迫早産2ヶ月入院後出産。2500グラム。
・2歳8ヶ月で立てるようになった。