最新の更新情報

 

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体

構造的に正しい姿勢|中心軸整体

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
武術的身体開発個別指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方」個別指導はこちらへ

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院


(25)カカト重心・かかと重心・後ろ重心の定義

カカト重心・後ろ重心の定義

 

カカト重心・かかと重心・後重心の定義

「重心線が脛骨下端より後ろにある状態」をカカト重心、後ろ重心と中心軸整体では定義しています。

見た目だけで、「猫背」「老人姿勢」は「後ろ重心」と誤解されやすいのですが、実際に後ろ重心の方は、この定義ではほとんどいません。

では、あなたは「前に転ぶ」のと「後ろに転ぶ」のでは、どちらが怖いですか?

多くの方は「後ろに転ぶ方が怖い」と感じます。後ろには目がありませんし、手も つきにくいので当然です。そのため無意識に「前重心」となり、後ろに転びにくいように立っています。