最新の更新情報

 

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体

構造的に正しい姿勢|中心軸整体

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
武術的身体開発指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方」個別指導はこちらへ

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院


(21)二軸一致度の定義

中心軸と身体軸の一致度合いを「二軸一致度」と定義します


中心軸を使用できている度合いを「中心軸の使用度」と定義します

 

二軸一致度の定義 中心軸の定義

 

 

 




1)一致度が高い
なめらか・正確・合理的な
日常所作ができる
・トップアスリート・日常所作の達人

2)一致度が中間より上
バランス感覚がよく
快適に動ける

3)一致度が中間より下
固く、不正確、非合理的な
動きになる

4)一致度が低い
首・肩・腰が固まり
疲れやすい

本来の中心軸の位置=理想的重心落下点
脛骨の真下に脛骨足裏直下点があり、左右の脛骨足裏直下点の中央が理想的重心落下点です。

二軸一致度合いが高い身体では
理想的重心落下点の上に、股関節、生理的湾曲のある胴体、頭部が積み重なります。