研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
武術的身体開発指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い
方」個別指導はこちらへ

 事例分析

(1)ハイハイが異常
 ①調整経過
 ②全身状態の変化と
  自発的運動

 ③首座りの誤解

 研究報告

(1)方向性のあるマス目の歪み

(2)頭部の歪みは首から下に分散され、全身で分担するようになる

(3)歪みの締め上げによる歪みの密集


(4)運動面から見た「マス目の歪み」と「身体的資質」の関係

(5)マス目の歪みと頭蓋骨変形

(6)マス目の歪みと姿勢との関係
反り返りが強い、首が座らない

(7)姿勢指導

(8)首座りの定義

(9)頭部変形の変化

(10)頭部のマス目の中心がずれた状態での成長・姿勢の崩れ

(11)頭部変形「マス目の歪みの量」と成長の関係

(12)1年間の調整で変化した頭部変形

(13)高齢になっても健康を保つ骨格細分化調整と運動

(14)前重心:外反母趾巻・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因1

(15)足首が曲がらない(=前重心と同じ状態を引き起こす):外反母趾巻・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因2

(16)足首の伸展緊張  (=前重心と同じ状態を引き起こす) 外反母趾・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因3

(17)歪みの収納と解放

(18)発達障害と運動機能について

(19)中心軸の定義、身体軸の定義

(20)「言葉の響く方向・音の響く方向」で「老人姿勢」に誘導されるー天に抜ける声・百会に響く声の秘密ー

(21)二軸一致度の定義

(22)前重心の定義

(23)正しい姿勢の定義

(24)歩行運動の定義・正しい歩行運動

(25)カカト重心・後ろ重心の定義

2017世界陸上 安藤友香選手 不調の原因 構造的理由1

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体

構造的に正しい姿勢|中心軸整体

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院

 項目別臨床実例

(1)歩けない→歩けるようになった

(2)立てない→立てるようになった

(3)立てない→立てる→歩けるようになった

(4)ずり這いできない→ずり這いできるようになった

(1)方向性のある「マス目の歪み」

 頭部に「右向き・左向きのような方向性のある歪み」がある赤ちゃんの場合、目がよく見えていない段階では、歪みの方向が右を向いていたら、頭部も右向きのままになっています。

 頭部に歪みが無い     頭部に右向きの歪み   

 しかし、視力が向上し、目で物体を追えるようになってくると、正面を向こうとする目と、右を向こうとする歪みとのギャップが生じます。視覚の方向と、マス目の方向(身体が感じる正面)が異なり「斜視」のような状態になることがあります。


(2)頭部の歪みは首から下に分散され、全身で分担する

 頭部の歪みは、肉体的にも、精神的にも、頭部を中心に強い不快感、違和感、緊張状態を引き起こします。この状態を緩和するため、おそらく身体は、「頭部の歪み」を首から下に分散し、全身で歪みを分担するようになると思われます。

 しかし、赤ちゃんの場合は、頭部の歪みを、首から下に分散できる状態には至っていません。そのため、頭部の歪みの影響で、運動面では「寝返り出来ない、ハイハイ出来ない、座れない」となったり、精神面でも「発達障害」と見えるような状態になる場合もあります。

 その後、手足の運動量が増えたり、お座りできるようになると、次第に、「頭部の歪み」は首から下に分散されるようになり、首、胸、背中、骨盤周辺、膝等、全身いたるところで歪みを分担します。

 しかし、歪みが大きすぎる場合は、分担した歪みの影響で「しゃがめない、立てない、歩けない、複合的な運動が出来ない」となる場合もあります。また、精神面にも大きく影響を与えます。

 頭部に歪みがない  頭部が歪んでいる   首に歪みが分散  

 

 頭部が歪んでいる  胸部に歪みが分散  臀部に歪みが分散      

(3)「歪みの締め上げ」による「歪みの密集」

構造的に正しい姿勢を意識すると

・頭が痛くなる ・首がこりやすくなる ・肩がキツくなる
・背中が張る ・腰が痛くなる ・上半身が傾く ・ももに力みがでる
・外スネが痛くなる ・ふくらはぎが固くなる ・股関節が痛くなる 
・膝に違和感がでる ・立ちにくくなる ・座りにくくなる   

この様になることがあります。

 頭部だけに限らず、身体の歪みは、一箇所に集まると強い痛み、違和感、緊張状態になるので、生活している内に、歪みを散らし、全身で歪みを分担するようになっています。

 そのため、構造的に正しい姿勢を意識すると、全身に分散していた歪みが締め上がり密集するので、上記の様な状態になる事があります。

 例えば、膝関節に歪みがありXO脚になっているのに、膝の位置を合わせることで締め上がり、骨盤が膨張するように歪む事があります。
 さらに、骨盤を締め上げると、上半身が歪んでしまう事もあります。

      

 また「骨格細分化調整」を受けることで、歪みが減少していく過程でも、同様の状態になることがあります。歪みの状態を「限りなくゼロ」に近づけたいと思われた場合、赤ちゃんの時から今日までの期間で「分散されてきた歪み」を調整していくことになります。

 現在とは全く違う身体、バランス、重心感覚になっていくので、その身体と感覚に適応できる身体でないと「身体開発」のトレーニングが必要になる場合もあります。トレーニングの必要性については、かなりの個人差、身体的資質の違いがあり、全員に必要という事ではありません。