研究員養成
骨格細分化調整師養成

養成セミナーはこちらへ

個別トレーニング指導
武術的身体開発指導
中心軸身体トレーナー養成

書籍「構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い
方」個別指導はこちらへ

 事例分析

(1)ハイハイが異常
 ①調整経過
 ②全身状態の変化と
  自発的運動

 ③首座りの誤解

 研究報告

(1)方向性のあるマス目の歪み

(2)頭部の歪みは首から下に分散され、全身で分担するようになる

(3)歪みの締め上げによる歪みの密集


(4)運動面から見た「マス目の歪み」と「身体的資質」の関係

(5)マス目の歪みと頭蓋骨変形

(6)マス目の歪みと姿勢との関係
反り返りが強い、首が座らない

(7)姿勢指導

(8)首座りの定義

(9)頭部変形の変化

(10)頭部のマス目の中心がずれた状態での成長・姿勢の崩れ

(11)頭部変形「マス目の歪みの量」と成長の関係

(12)1年間の調整で変化した頭部変形

(13)高齢になっても健康を保つ骨格細分化調整と運動

(14)前重心:外反母趾巻・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因1

(15)足首が曲がらない(=前重心と同じ状態を引き起こす):外反母趾巻・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因2

(16)足首の伸展緊張  (=前重心と同じ状態を引き起こす) 外反母趾・巻き爪・陥入爪・魚の目・扁平足・スネ肥大の要因3

(17)歪みの収納と解放

(18)発達障害と運動機能について

(19)中心軸の定義、身体軸の定義

(20)「言葉の響く方向・音の響く方向」で「老人姿勢」に誘導されるー天に抜ける声・百会に響く声の秘密ー

(21)二軸一致度の定義

(22)前重心の定義

(23)正しい姿勢の定義

(24)歩行運動の定義・正しい歩行運動

(25)カカト重心・後ろ重心の定義

2017世界陸上 安藤友香選手 不調の原因 構造的理由1

 当研究所での出版物

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体 発達障害〜 脊柱側湾症まで 中心軸をつくる 骨格細分化調整
赤ちゃん整体 発達障害 脊柱側湾症

 発達と歪み研究所

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」とは

「マス目の歪み」と成長

設立目的

活動概要

スタッフ

所在地

リンク

メールによるお問合せ

 関連リンク

赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体

構造的に正しい姿勢|中心軸整体

ちゅうしん健康日記

ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

 骨格細分化調整を受ける

中心軸整体院

 項目別臨床実例

(1)歩けない→歩けるようになった

(2)立てない→立てるようになった

(3)立てない→立てる→歩けるようになった

(4)ずり這いできない→ずり這いできるようになった

ハイハイがおかしい 立てない 第三回「首座りの誤解について」


2歳5ヶ月  Yちゃん (頭部変形分類 B1B3B5)

第三回「首座りの誤解について」
*当方で考える首座りについての判断基準・考え方は
医療機関のものとは違いがあります。予めご承知おき下さい。
→首座りの定義

2歳5ヶ月  Yちゃんの事例から
「首座りの誤解について」を見てみます。
「調整経過」は前々回記事をご覧ください。

発達経過
生後6か月首座り、8か月寝返り、1歳1か月お座り、2歳ハイハイ

お申込時に頂いた発達経過では
1歳1か月お座りとのことでしたが、
実際のお座りの観察では、
座位での肋骨下縁と腸骨上辺
(あばら骨と骨盤)との間に隙間が全くなく、
全身を上下に短く圧縮する方向の力が、
身体をギチギチに固めている状態でした。

この圧縮固定状態により
「一見お座り出来ているように見える」事があります。

また、座位では胴体の真上に頭部が乗っていますが、
頭と肩が近すぎで首の確認が困難な状態にあり、
お座りの胴体同様、圧縮固定状態により
「一見首が座っているように見える」事があります。

動作時の観察では、
・首の伸縮(首が立つ)がなく、
・振り向き時、顎が上がるように
 首がグニャっと折れ曲がる。

「首の筋肉が骨格を支える状態になく、
ただ重力による圧力だけを受け続けている
ような状態」ですが、通常、
こうしたことは一般の方には見分けはつきません。
また、ある意味では、その安定した座り姿から、
医療関係者でも分かりにくいのかも知れません。

調整開始当初のYちゃんの全体像
頭部に上下圧縮が強くかかるような歪みの状態があり、
「頭蓋骨の重さが下方向への圧力として
 のしかかる様な骨格状態」
にありました。本来は
「頭蓋骨から背骨が下方向へぶら下がる骨格状態」
が必要です。

重たい頭を支えるのですから、
頭の重さが下方向にかかるのは当然です。
しかし、上体を起し、立つことを困難にする様な
不自然な圧力となっている場合があります。

この場合、頭部の重さが下方向への
強い圧力としてかかり続けるため、
上半身を起こし姿勢を維持するのに
強い筋緊張が必要となります。

圧縮される方向に力がかかってくる中で、
強い筋緊張を強いられる状態にあるため、
思う様な動作もしにくく、発達への影響が考えらます。